検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2021-10-29 / 芸術・文化:心理:その他教養 / 学内講座コード:16

オニから民族芸能をみる2【Zoom講座】 夏の祭礼・秋の祭礼から

主催:学習院さくらアカデミー学習院さくらアカデミー オンライン(東京都)]
問合せ先:学習院さくらアカデミー TEL:03-5992-1040
開催日
10月30日(土)、11月20日(土)、12月11日(土)
講座回数
3回
時間
15:00~16:30
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
9,900円
定員
30
補足
資料を請求する

講座詳細

【講座内容】
日本には春夏秋冬、身近な祭礼から日本を代表する祭礼があり、全国津々浦々に様々の祭礼そして風習が今に伝わっております。その祭礼の多くが神道や仏教、山岳宗教などと密接な関わりを持っており、神や仏など様々な存在が登場します。ここでは「オニ(鬼・隠)」をキーワードに、日本の祭礼の由来や歴史を紐解いてまいります。オニと一緒に日本の祭礼を楽しみましょう。

【講座スケジュール】
第1回 10月30日(土) 15:00~16:30 講師:山崎 敬子
 祭りとは。オニとは ~祭りと来訪神・オニ(鬼・隠)~
第2回 11月20日(土) 15:00~16:30 講師:山崎 敬子
 夏の民俗芸能とオニ(風流の芸能など)
第3回 12月11日(土) 15:00~16:30 講師:山崎 敬子
 夏・秋の民俗芸能とオニ(神楽など)

備考

【注意事項】
*今回は2回目の講座ですが、今回からのご受講でもお楽しみいただけます。
*講座時間を変更しておりますので、ご注意ください。

講師陣

名前 山崎 敬子
肩書き 玉川大学講師
プロフィール 2001年実践女子大学院文学研究科美術史学専攻修士課程卒。大学在学時から折口信夫の民俗芸能学を学び、全国の祭礼を見て歩く。有明教育芸術短期大学子ども教育学科非常勤講師(民俗学)や早稲田大学メディア文化研究所(地域メディア論)、玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科講師(民俗芸能論)など。(社)日本ペンクラブ(企画事業委員・獄中作家委員)などに所属し、コラムを通して日本の民俗文化の紹介に取り組んでいる。主な編書・著書『年中行事辞典』(東京堂出版)、『メディアの将来像』(一藝社2014年)『にっぽんオニ図鑑』(じゃこめてい出版)、朗読劇『イナダヒメ語り』(武蔵一宮氷川神社 2018年)朗読劇『ウカノミタマ語り』(白幡稲荷神社 2019年)など。コラム:オニ文化コラム(社)鬼ごっこ協会)、山崎先生の民俗学(ミドルエッジ)、にほん風習風土記(陸上自衛隊『修親』)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.