検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-10-17 / その他教養 / 学内講座コード:15

Web バタイユにおける女性のイメージ  作品に隠された女性理論を読み解く

主催:学習院さくらアカデミー学習院さくらアカデミー オンライン(東京都)]
問合せ先:学習院さくらアカデミー TEL:03-5992-1040
開催日
10月18日(日)、10月25日(日)
講座回数
2回
時間
10:40~12:10
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
6,600円
定員
30
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
ジョルジュ・バタイユはエロティシズムの思想家としてよく知られています。日本でも生田耕作や澁澤龍彦を読まれる方にとってはおなじみの人物かもしれません。本講座では、従来のバタイユ像を乗り越えて、彼の作品に隠された女性についての理論を読み解いていきます。バタイユが描く女性は、性的に消費される対象でしかないのでしょうか? 彼にとっての女性とはいったい何なのでしょうか?
こうした問いに、本講座は全二回で迫っていきます!

【講座スケジュール】
第1回 10月18日(日) 10:40~12:10 講師:横田 祐美子
 バタイユは男性中心主義的な思想家か?
第2回 10月25日(日) 10:40~12:10 講師:横田 祐美子
 逃げる女 ―― バタイユが描く女性像

講師陣

名前 横田 祐美子
肩書き 立命館大学専門研究員、早稲田大学招聘研究員
プロフィール 2019年3月立命館大学大学院文学研究科人文学専攻哲学専修博士後期課程修了。博士(文学)。現在、同大学衣笠総合研究機構専門研究員ならびに早稲田大学総合人文科学研究センター「イメージ文化史」部門招聘研究員。専門はフランス現代思想で、とりわけジョルジュ・バタイユ思想の哲学的考察を行っている。また近年はフェミニズム研究にも取り組んでいる。著書『脱ぎ去りの思考:ジョルジュ・バタイユにおける思考のエロティシズム』(人文書院、近刊)、論文「黒衣の娼婦と脱ぎ去りの思考――『内的体験』の鍵としての『マダム・エドワルダ』――」(『関西フランス語フランス文学』第24巻所収、日本フランス語フランス文学会)など。

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.