検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2021-10-01 / 政治 / 学内講座コード:52B08

現代世界と自由権の苦境  ―人権は世界共通の価値になっているか―

主催:獨協大学獨協大学 オンライン講座(埼玉県)]
問合せ先:エクステンションセンター TEL:048-946-1678
開催日
10月22日~11月19日(金)
講座回数
4回
時間
11:00~12:30
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
8,800円
定員
 - 
その他
新規会員のみ会員登録費2000円
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

 本講義では、現代の思想と政治の中に見られる、人権思想、特に種々の自由権とそれを事実上否定する立場・勢力との間の対立について考えます。自由や人権は、世界に通用する普遍的価値なのか。それとも、一部の国でのみ通用する対立しあう価値の一つにすぎないのか。講義を通して、自由権の意義と同時にそれが現在置かれている「苦境」を理解することにもなるかと思います。

【講座スケジュール】
1. 10月22日
「信教・表現」の自由 対 「背教・瀆神」の罪(イスラム)
いくつかの事例(テロ、移民問題、棄教と瀆神)
ラシュディ事件、ユランズ・ポステン事件、シャルリエブド事件
2. 10月29日
理論的側面1(「信教の自由」の射程)
政教分離原則=世俗主義、表現・信教の自由(歴史)
多文化主義・多様性論、へイト禁止
イスラム教についての文献から学ぶこと
3. 11月12日
中国(共産党)の場合
歴史中のジェノサイド的事件(大躍進、文化大革命、天安門事件)
少数民族等の弾圧(チベット、モンゴル、ウイグル)
香港問題、西欧諸国における中国共産党の影響力浸透
4. 11月19日
民主主義のシステムにおける表現・思想信条の自由、民族自決原則の位置
(マルクス主義的)歴史決定論、「中華民族」論、中華(帝国)思想
可謬主義 対 無謬主義、個人主義 対 全体主義・・・

備考

【テキスト】
 資料を電子データにて配付します
【定員】
なし(ただし、申込期限までに受講申込者が9名に達しない場合は、開講できません)
【その他】
カメラ&マイク機能の使用を前提にしますが、事情がある場合はこの限りではありません。
・オンライン配信(ライブ型)で行います
 講座内容の録画、及び後日の配信には対応しておりません
・配布した電子データを他人に渡したり、インターネット上に掲出することを禁じます

講師陣

名前 嶋津 格
肩書き 獨協大学特任教授 専門/法哲学
プロフィール 東京大学大学院修了。法学博士。米国フーバー研究所客員研究員。千葉大学教授・副学長を経て現職。日本法哲学会元理事長
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.