検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-10-12 / その他教養:哲学 / 学内講座コード:61B02

21世紀の政治思想史――カント『啓蒙とは何か』『理論と実践』精読――(オンライン講座)

主催:獨協大学獨協大学 オンライン講座(埼玉県)]
問合せ先:エクステンションセンター TEL:048-946-1678
開催日
10/24~11/28(土)
講座回数
6
時間
9:00~10:30
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
13,200円
定員
 - 
その他
新規会員のみ会員登録費2000円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座概要】
本講義では、カントの『啓蒙とは何か』(1784年)、『世界市民という視点から見た普遍史の理念』(1784年)、『人類史の憶測的な起源』(1786年)を読み、そこに描かれる人間の自由と人類の進歩の根拠と展望を考察します。その上で、『理論と実践』(1793年)の読解を行います。当時の現実の政策のバックボーンとなっている考え方に対する理論的な批判と展望が示されます。

【講座スケジュール】
(1) 10月24日 はじめに 啓蒙と批判哲学
          啓蒙とは何か―<啓蒙とは何か>という問いに答える
(2) 10月31日 世界市民という視点からみた普遍史の理念
(3) 11月 7日 人類史の憶測的な起源
(4) 11月14日 理論と実践1
(5) 11月21日 理論と実践2
(6) 11月28日 理論と実践3
          むすび 『理論と実践』から『永遠平和のために』へ

備考

【テキスト】『永遠平和のために/啓蒙とは何か』他3編(カント著、中山元訳/光文社古典新訳文庫) 700円+税

※マイク機能を使用します

講師陣

名前 杉田 孝夫
肩書き 獨協大学講師
プロフィール 専門/政治哲学・政治思想史
獨協大学地域総合研究所客員研究員。お茶の水女子大学名誉教授。著書:『市民社会論』(共編著、おうふう)、『岩波講座政治哲学3近代の変容』(共著、岩波書店)他
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.