検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-06-13 / その他教養 / 学内講座コード:18S11080S

江戸の町人社会 -持続可能な社会の実践者たち-

主催:文教大学生涯学習センター文教大学湘南キャンパス(神奈川県)]
問合せ先:生涯学習センター TEL:048-974-8811(代)
開催日
6月23日(土)~7月7日(土)
講座回数
全3回
時間
13:20~15:20
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
6,300円
定員
20
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座概要】
made in Japan、世界に認められる日本の工業製品、そのルーツの一つは江戸時代にあるといえます。また、江戸時代は省エネ、リサイクル、地産地消をはじめとした、環境面からみても地球に優しい、持続可能な社会が形成されていました。江戸の町とそこに暮らした人たちのものづくりや商い、暮らしぶりを通して、往時の町人社会、持続可能社会を覗いてみることにします。

【講座スケジュール】
第1回 6/23(土) 江戸の町と生活空間、省エネ社会
第2回 6/30(土) 江戸のものづくり、リサイクル社会(1)
第3回 7/7(土) 江戸のリサイクル社会(2)、自立社会

備考

【備考】
※4名未満の場合は非開講になることがあります。


※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 大塚 昌利
肩書き
プロフィール 立正大学名誉教授。文学博士(立正大学)。専門分野は地理学、特に地域論、伝統産業、景観論に関心をもつ。主要著書:(単著)地方都市工業の地域構造、(編著)地域の諸相、(共著・分担執筆)産業集積の地域研究、学びの旅-地域の見方・とらえ方・楽しみ方、地図通になる本、地図で見る百年前の日本他。現在は消えゆく日本の風土を記録に残しながら、日本の原風景をどう維持し、再生していくかに関心がある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.