検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-31 / 社会:その他教養

青山学院大学青山アカデメイア「都市研究金沢」

主催:青山学院大学青山学院大学 青山キャンパス(東京都)]
問合せ先:青山学院大学庶務部庶務課(03-3409-6366)
開催日
9月21日(土)/10月5日(土)/11月9日(土)/
12月7日(木)・8日(金)(金沢視察)/
12月21日(土)
講座回数
全5回
時間
11:00〜16:35(計15コマ)
講座区分
その他 
入学金
 - 
受講料
42,000円
定員
30
その他
別途、金沢視察に係る費用が発生します
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

講義概要
歴史文化都市である金沢を通して、日本文化を知り、体験する講座です。金沢は、伝統的なものを大事にし、観光資源としても活用していますが、近代的な取り組みも盛んです。例えば、I/Oデータ機器、ナナオ、PFUなどの情報通信技術企業も金沢や石川県で創業し、本社があります。また、伝統工芸の九谷焼が、世界的高級グラスメーカーのRiedelと共同で、陶器とグラスの融合した、ワイングラスを作るなど、伝統と現代の融合といった点でも興味深い街です。金沢市の協力や、東京へ進出している金沢企業の協力を得ながら、体感的に学びます。また、2015年3月に開業した北陸新幹線に乗って金沢を訪れ、本物の日本の文化生活を体験します。最後に、アイビーホール青学会館にて、金沢の名物を含む料理を楽しみながら総括していきます。また、銀座の金沢(金沢市アンテナショップ)やいしかわ百万石物語・江戸本店(石川県アンテナショップ)もご紹介していきます。
なお、本講座は、講座「地方自治戦略的政策形成」のエクステンションにもなります。

対象者
歴史文化都市や創造都市に興味を持つ、地方自治体職員や一般市民

会場
青山学院大学青山キャンパス

備考

受付期間:2019/7/1(月)-2019/7/31(水)

講師陣

名前 飯島 泰裕
肩書き 青山学院大学 社会情報学部 教授
プロフィール <主な経歴>
1984年青山学院大学理工学部経営工学科卒業。1986年同大学院理工学研究科博士前期課程修了。株式会社富士通研究所、金沢大学経済学部及び大学院社会環境科学研究科助教授を経て、現在、青山学院大学社会情報学部及び大学院社会情報学研究科教授。専門は、情報社会論、情報政策。主な著書に、情報処理学会編『エンサイクロペディア情報処理改訂4版』オーム社、碇山編『北陸地域経済学』日本経済評論社などがある。総務省電子政府推進員、石川県自治研修センター講師、石川県市町村研修所講師、金沢市まちづくり専門員、相模原市都市計画審議会委員、同環境審議会委員、同中央区区民会議会長、同新・産業振興ビジョン策定委員会委員長、金沢大学先端科学・イノベーション推進機構客員教授なども務める。1999年北陸テレコム懇談会 会長表彰、2000年郵政省北陸電気通信監理局長表彰【情報通信月間功労】、2003年石川県産学連携推進いしかわ賞、2004年総務省北陸総合通信局長表彰【情報通信月間功労】などを受賞している。情報処理学会、日本経営工学会などの会員。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.