検索:

トップ > 多摩美術大学公開講座 オススメ講座


  • 誰にでも
    美術・芸術の扉は
    開かれています。

おすすめ講座一覧

八王子キャンパス受講

世界の美術館 ―写真+映像そしてお話で、美術館を巡る

講座申込・資料請求

開催日
2021/6/26~2022/3/19(土・全5回)
時 間
13:30~15:00
受講料
7,500円
講 師
多摩美術大学教員他

世界にはたくさんの美術館があり、それぞれ特色のある活動を展開しています。本講座では、そのなかから誰もが一度は訪れてみたいと思っている5つの施設を取り上げ、各館の魅力を、美術研究者やキュレーターが、写真や映像などを用いながら具体的に紹介していきます。

八王子キャンパス受講

この一点 ―どうしても伝えたい作品の力と魅力

講座申込・資料請求

開催日
2021/6/26~2022/3/19(土・全5回)
時 間
15:30~16:40
受講料
7,500円
講 師
多摩美術大学教員他

有名な作品、そうでもない作品、聞いたこともない作品…、どのような作品が話されるのでしょう。けれども、その作品が、数多くある作品から選ばれたということ。なぜ、その作品がその人にとって「この一点」なのか、そんな語り手の眼差しと作品の不思議を見つめていきます。

八王子キャンパス受講

日本画 ―箔による表現から

講座申込・資料請求

開催日
2021/5/11〜6/29(火・全4回)
時 間
13:30~16:00
受講料
16,000円(材料費別途7,000円)
講 師
加藤良造(日本画家、多摩美術大学教授)

箔は日本画にとって、とても魅力的な素材。絵具では表現することができない世界がそこにはあります。箔の持つ光は独特な奥行きをつくり、そのひろがりは多くの名作を生みました。紙の質感とは異なる素材の上に描くことで、日本画の面白さと表現の不思議にふれてみませんか。

八王子キャンパス受講

油絵 ―人物を描き、眼差しをとらえる

講座申込・資料請求

開催日
2021/5/18〜7/6(火・全4回)
時 間
13:30~16:00
受講料
16,000円(材料費・モデル代別途12,000円)
講 師
日野之彦(画家、多摩美術大学准教授)

人物を描くとき、そこには描く側の眼差しと、描かれる側の眼差しが存在します。意味するものとされるものの交点がそこに表現されます。人物画には眼差しの歴史が内在する―そんなことを考えながら描いていくと、私たちの今が姿を現し、自らの眼差しを再確認できるでしょう。

八王子キャンパス受講

美術をあそぶ ―20世紀美術の方法「集積」と「転写」

講座申込・資料請求

開催日
2021/5/19〜6/30(水・全4回)
時 間
17:00~19:30
受講料
14,400円(材料費別途4,000円)
講 師
海老塚耕一(美術家、多摩美術大学教授)

20世紀の美術はさまざまなイズムを生み、とても華やかです。芸術以外の場面での思想の新たな展開は、人間をある意味で「解放」しました。それとともに美術も「解放」され、多種多様な技法が開かれました。今回は「集積」と「転写」をキーワードとして制作し考えていきます。

その他会場受講

連続講座「○○世紀の芸術家列伝II―18世紀」

講座申込・資料請求

開催日
2021/5/15〜2022/3/12(土・全18回)
時 間
13:30~17:00(休憩30分)
受講料
18,000円
講 師
多摩美術大学教員他

ひとりの芸術家が歩んだ道は、時代がつくり上げた道でもあるでしょう。それは現代に通じる道でもあります。そこで、新たな眼差しで歴史上のひとりの芸術家をとらえながら、講座を通じて十数人の作家と作品でその世紀を眺め、それによって〈○○世紀〉を芸術の側から眺めていきましょう。

オンデマンド受講

連続講座「○○世紀の芸術家列伝II―18世紀」

講座申込・資料請求

日 程
2021/5/22〜2022/3/26(全18回)
配 信
期 間
各回約90分、会場開講日の1週間後の土曜日10時から翌週土曜日24時
受講料
18,000円
講 師
多摩美術大学教員他

ひとりの芸術家が歩んだ道は、時代がつくり上げた道でもあるでしょう。それは現代に通じる道でもあります。そこで、新たな眼差しで歴史上のひとりの芸術家をとらえながら、講座を通じて十数人の作家と作品でその世紀を眺め、それによって〈○○世紀〉を芸術の側から眺めていきましょう。

オンライン受講

名画巡礼 ルネサンス篇 ―旅するように名画を読み解く

講座申込・資料請求

開催日
2021/5/20〜6/24(木・全4回)
時 間
15:30~16:40
受講料
6,000円
講 師
西岡文彦(多摩美術大学教授)

絵画史上に残る名作絵画を、旅するように訪ね歩き、画家の芸術と時代の精神を画面に読み解く講座のルネサンス篇です。ボッティチェッリ、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロの傑作を紹介、ヨーロッパ絵画の古典としてのルネサンス名画の美学と魅力の秘密を探ります。

学外受講

散策講座―『利根川図志』を歩く

講座申込・資料請求

開催日
2021/5/13、6/3、7/1(木・全3回)
時 間
講座詳細参照
受講料
13,000円(入館料・貸切バス・昼食代別途14,000円)
講 師
海老塚耕一(美術家、多摩美術大学教授)

「図会」と「図志」はどのように違うのか。その境界をきちんと語ることはできませんが、これらの印刷物がとても面白い。幕末に生まれたいくつかの本を取り上げ、歩いてみましょう。始まりは、利根川。歴史・風俗も含め、巡る旅の土地に根ざした昔日の日常が蘇ってくるでしょう。

八王子キャンパス受講

あそびじゅつA―ものの表面採集をして、描いてみよう

講座申込・資料請求

開催日
5/22(土・全1回)
時 間
10:00〜15:00
受講料
3,000円(材料費別途1,000円)
講 師
海老塚耕一(美術家、多摩美術大学教授)

いろんなものにふれてみると、そこにはいろんな手ざわりがある。それを集めて絵にしてみたら、どんなだろう。
関連講座→あそびじゅつBあそびじゅつCあそびじゅつD

お問い合わせ

多摩美術大学生涯学習センター
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723

全ての受付中の講座を見る


↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.