検索:

トップ > SBI大学院大学

資料請求リスト


SBI大学院大学 確かな実践力と経営力を身につける。SBI大学院大学は、人間力、実践力及び経営力を身につけるための教育機関です。

資料請求 ガイダンス ・公開講座

e-ラーニングでインタラクティブに学べる

「働きながら学ぶ」人にこそ大きなメリット

ビジネススキルは知識だけでなく、経験、実践を通して初めて自らのものとなります。
いつでも、どこでも「働きながら学べる」e-ラーニングなら、日々現実の場で直面する様々な課題について、習得した知識や技術を日々の仕事で実践的に活用する事で理解をより深める事ができます。
しかも、学習と実践に時間差がない分、習熟度も高くなります。
SBI大学院大学は、これから起業を目指す方はもちろん、ご自身の経営スキルを高めたい、キャリアアップを図りたいといった「働きながら学ぶ」方のための大学院です。

授業風景

e-ラーニングによるインタラクティブな学習システム

「いつでも、どこでも学べる」高い自由度に加え、小テストやレポートのフィードバック、掲示板を利用した質疑応答や討論といったインタラクティブな機能が知識やスキルの習熟度を高めます。
また、進捗状況の管理や学習のアドバイスを行う等のサポートを行っており、独習では得る事の困難な学習環境を提供しています。

SBI大学院大学の学習システム(e-ラーニング)

第一線で活躍中の教員による実践的カリキュラム

確たる倫理的価値観を養いながら、戦闘力の高いビジネス思考を養う事によって日本で、アジアへそして世界に通じる経営者育成を目的とした実践力重視の学習体系です。

日々のビジネスで直面する様々な課題、迫られる決断。経営者、リーダーとしての資質とは何か?学んだその日から自らの武器として活用できる「即戦力」の知識とノウハウが身に付きます。

カリキュラム

科目群 コア科目 応用科目 発展科目
戦略・マーケティング マーケティング【必修】
経営戦略論
事業戦略構築論
ネット経済・経営学
ブランディング
ベンチャー企業の戦略
イノベーションの経済学
インターネットの発展と産業構造の変化
ビジネスモデル
ビジネスプランサポート(Ⅰ・Ⅱ)
歴史に学ぶ戦略論(中国兵法概論)
ブランディング&アドバタイジング
経営幹部の実践営業学
経営者に学ぶベンチャー企業経営
事業失敗事例研究
インターネット企業研究
歴史に学ぶ戦略論(孫子の兵法を現代に役立てる方法)
組織・人的資源 組織論 概説
組織行動学【必修】
ヒューマン・リソース・マネジメント
リーダーシップ概論
中国古典にみる指導者の条件
組織論 特講
コーチング
リーダーシップ特論I(「書経」)
リーダーシップ特講II(「韓非子」)
ドラッカーに学ぶマネジメント
幹部人材育成論(「貞観政要」)
金融・財務 ファイナンス【必修】
金融概論
マクロ経済概論
アカウンティング(管理・財務会計)【必修】
国際金融論
財務・会計マネジメント
資金調達実践
起業会計実践
起業における税制論
経営数理・問題解決 統計学
オペレーションズ・マネジメント【必修】
ロジカルシンキング
テクノロジマネジメント
プロジェクトマネジメント
問題解決技法
ビジネス・ミクロ経済学
企業倫理・経営思想 中国古典から学ぶ経営理論
法務概論
コーポレートガバナンス
近代経営者哲学研究
現代経営者精神研究
企業経営法務
コンプライアンス経営論
企業倫理事例研究
企業の社会的責任論
経営思想特論([朱子学])
起業法務実践
グローバル・ビジネス アジアにおける人事管理論
ビジネス英語
ビジネス中国語I
中国企業論
インドビジネスの戦略
イスラム金融
ビジネス中国語II
中国市場戦略
演習     事業計画演習【必修】

教授陣紹介

本大学院では各界の第一線で活躍する教員によるバラエティー豊かなオリジナル授業を展開しており、学ぶ目的に応じて科目を組み合わせることで必要な知識を効率よく身に付けることができます。
必修科目を除き、ご自分の役に立つ科目あるいは興味のある科目を自由に選択して学ぶことができますが、選択に迷うことの ないよう、次のような履修モデルケースを用意しております。
例えば企業の経営者のための『会社トップ向け履修モデル』、起業を目指している方のための『ベンチャー企業向け履修モデル』、企業の幹部の方向けのための『ミドル・マネージャー向け履修モデル』です。未来の自分の姿を目標に、これらの履修モデルを参考に しつつ、MBA を取得してください。


●仕事の関係で受講の継続が難しくなった場合は、長期履修への移行や休学することも可能です。
また、休学期間を除き、5年間の在学が可能です。

企業のトップ向け履修モデル

ベンチャー企業向け履修モデル

ミドル・マネジャー向け履修モデル

興味がある科目だけでも受講が可能

起業や新規事業の立ち上げだけでなく、「人間学だけ学びたい」「ITだけ学びたい」「プレゼン力を身につけたい」といった様々なニーズにも対応できます。最近では、企業の新人研修や管理職研修、社内ベンチャー養成講座などとして利用されるというケースも増えています。

当大学院では、正科生と同じ講義の中から必要な科目だけ受講いただくことができる科目等履修生、①単科コースと ②ディプロマコースを設置しております。
「必要な科目を取りたい、いずれMBAを取りたい、実際の授業を受けてから入学の意思を決定したい」というビジネスパーソンのキャリア再チャレンジを支援いたします。

①単科コース ②ディプロマコースの特徴

  1. 『経営力をつけたい』『親の会社を引継ぎたい』など、厳しい環境下にある経営者のニーズを捉え、ご自身に必要と思われる科目を選択して履修が可能です。
  2. 実践的な経営の勉強をしたいが、本大学院で正科生として、2年間で履修する余裕がない方に最適です。
  3. 正科生と同じ講義を受講でき、教員、学生同士、SBIグループとの交流を通じた、ビジネスシナジーを図ることが可能です。
  4. コース修了後には単位を取得できます。正科生として入学した場合には、取得済みの単位は、受講済み科目として認定し、また授業料の一部が免除されます。
  5. 単科コースはお好きな一科目から受講が可能です。ディプロマコースは各期4単位を2年間にわたりご受講いただく、正科生コース(MBA)の予備コースです。

募集要項

SBI大学院大学 2014年度春学期募集スケジュール

募集人員 春学期入学:30名
出願書類配布期間
入学願書を希望する方は、以下のアドレスへメールにてご連絡下さい。
  • 送信先アドレス:admin@sbi-u.ac.jp
  • タイトルを「入学願書希望」とします。
  • 願書送付先の郵便番号・住所・氏名・連絡先電話番号・連絡先メールアドレスを本文に明記して下さい。
出願期間中にメールにて連絡頂いた送付先へ、出願に必要な書類と論文のテーマをお送りします。
募集期間
(入試日程)
  一次募集 二次募集 三次募集 (若干名)
願書受付締切 2014年6月2日(月曜日) 2014年7月7日(月曜日) 2014年8月18日(月曜日)
論文審査合格発表 2014年6月9日(月曜日) 2014年7月14日(火曜日) 2014年8月25日(月曜日)
面接審査 2014年6月16日(月曜日)~
2014年6月20日(金曜日)
2014年7月22日(火曜日)~
2014年7月25日(金曜日)
2014年9月1日(月曜日)~
2014年9月5日(金曜日)
合格発表 2014年6月24日(火曜日) 2014年7月29日(火曜日) 2014年9月9日(火曜日)
学校説明会 開催日程 詳しくは ==> 【学校説明会】
試験科目 論文審査 与えられたテーマに対して小論文の審査
面接審査 口頭試問及び必要な方への語学力チェック
※面接は全国主要都市で実施します。最寄りの場所で面接ご希望の場合にはご連絡下さい。
出願資格

当大学院大学への出願資格者は、次の条件に該当する方になります。
 ● 4年制大学卒業もしくは同等の学力がある方

  • 大学学部を卒業した者および当大学院大学入学までに卒業見込みの者
  • 学位授与機構により学士号学位を取得した者および当大学院大学入学までに取得見込みの者
  • 外国において学校教育における16年の課程を修了した者
  • 文部科学大臣の指定した者
  • 外国において学校教育における15年の課程を修了し、当該大学で履修した単位のうち本研究科が定める所定の単位について、優れた成績を持って修得したものと認めた者
  • その他、本研究科が大学学部を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者
 ● 社会人として就業経験が3年以上、もしくは同等の経験があると入学審査にて認められた方
出願手続き
(願書無料送付中)
    以下の書類を応募締め切り日までに送付して下さい。
  • 入学願書 × 1通
  • 小論文
  • 推薦状 × 2通※(指定用紙)
  • 卒業証明書 × 1通(最終学歴校発行3ヶ月以内)
  • 成績証明書 × 1通(最終学歴校発行3ヶ月以内)
  • 写真【3cm×4cm】 × 2枚(6ヶ月以内に撮影のもの/1枚は入学願書に添付)
  • 入学検定料振込控え × 1枚(コピー可)
(推薦状・卒業証明書・成績証明書の入手が間に合わず、後日提出を希望する場合には、その旨を同封するか入試係までご連絡下さい。)

提出書類は出願期間中(消印有効)に郵送にてご提出下さい。
入学検定料 20,000円
授業料等
納入金額
初年度
合計 1,324,000円
(内訳)  
入学金 100,000円
IT・教材費 24,000円
授業料 1,200,000円

●春・秋授業料分納制度

●長期履修制度

●学費の減免制度

●教育訓練給付金

●教育ローン
(各詳細下記参照)

2年次以降
合計 1,224,000円
(内訳)  
IT・教材費 24,000円
授業料 1,200,000円
長期履修学生制度

SBI大学院大学では、2011年4月より、「長期履修学生」制度を導入することとしました。
この制度は、仕事や育児などのため学修時間に著しい制約を受けるなどのやむをえない事情がある場合で、標準の修業年限である2年間では修了することが困難であるようなときに、4年間を限度に計画的な履修を可能とするものです。授業料の総額は変わりませんが、1年間の授業料負担が軽減されますので、多忙な方でもより履修しやすくなります。

修業年限
最長4年間となります。本人からの申請に基づき審査し、許可された年数を修業年限とします。
授業料の額
標準修業年限の授業料総額を、長期履修期間で除したものが年間授業料となります。具体的には次のとおりです。
(修業年限が4年間の場合)
 2,400,000円(2年間の授業料)÷4年間= 600,000円(年間授業料)  
(修業年限が3年間の場合)

 2,400,000円(2年間の授業料)÷3年間= 800,000円(年間授業料)
申請方法
学期開始日の20日前までに「長期履修申請書」を提出してください。審査のうえ、修業年限を通知します。
詳細については、SBI大学院大学事務局にお問い合わせください。

学費の減免制度 早期応募による
入学金の減免制度
第1次募集により入学した場合 入学金の全額免除
※①
論文及び面接(1,000点満点)

※②
2年次目においては、1年次の成績により同様の減免制度があります。

※③
早期応募による入学金減免制度との併用はできません。

※④
在留カードの写しが必要となります。

※⑤
育児休業証明書、住民票、源泉徴収票等の提出が必要となります。
第2次募集により入学した場合 入学金の半額減免
成績優秀かつ所得が少ない方に対する授業料減免制度 入学試験の成績が750点以上(※①)かつ本人を含む生計維持者の所得が426万円以下 授業料(1年間)1/3減免
(※②)
外国人に対する学費減免制度(※③) 外国籍の方(※④) 入学金及び授業料(2年間)
1/3減免
育児休業中などの女性に対する学費減免制度(※③) 育児休業中の女性または結婚や出産のために会社を退職し現在は無職の女性(※⑤)であって次のいずれかに該当する方

1.SBI大学院大学の入学試験(※①)750点以上
2.TOEIC、又はこれに準ずる英語検定試験
・TOEIC換算で800点以上
入学金及び授業料(2年間)
1/3減免
教育訓練給付金制度
2010年度秋学期入学生より、本学「経営管理研究科・アントレプレナー専攻」が教育訓練給付金制度の対象となりました。個人で授業料を負担している方で、雇用保険加入者等であることなどの支給要件を満たした方が申請できる給付制度です。
詳しくは厚生労働省ホームページをご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/kyouiku/
教育ローン
オリコ学費サポートプランがご利用いただけます。
詳しくはこちら
その他
指定校推薦制度があります。詳細については事務局までお問い合わせください。

問合せ先

SBI大学院大学

〒231-0011神奈川県横浜市中区太田町 2-23 横浜メディア・ビジネスセンター 6F
電話 045-342-4605

問い合わせ



© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.