検索:

トップ > 東京農業大学公開講座 2017年後期オススメ講座


その他の東京農業大学公開講座はこちら 世田谷キャンパス 厚木キャンパス オホーツクキャンパス グリーンアカデミー

カレッジ講座

鮓と鮨

詳細はこちら

開催日:12/16(土) 13:00~14:30

「鮓」というのは、魚介類を飯と共に重石で圧し、長い日数をかけて、乳酸菌を主体とした微生物で発酵させたもので、滋賀県の鮒鮓や和歌山県の秋刀魚熟鮓に代表される。その成立は中国に於いて紀元前4世紀と古く、日本へも弥生期に伝わってきた。一方「鮨」は、酢を加えた飯に魚介を添えて混ぜたり、押したり、握ったりしたものである。講義では両スシの歴史を語り、伝播と進化を述べ、両スシの味覚文化を論じる。また、私が、両スシを巡り歩いた舌の旅(日本、メコン川流域、全中国)も披露する。

カレッジ講座

分子栄養学で美しい肌を手に入れる

Aクラス 詳細はこちら Bクラス 詳細はこちら Cクラス 詳細はこちら

開催日:【Aクラス】10/17(火) 15:00~16:30
開催日:【Bクラス】11/14(火) 15:00~16:30
開催日:【Cクラス】12/19(火) 15:00~16:30

コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドなど肌に関するフレーズは巷にあふれかえっています。しかしながら、これらの皮膚を構成する分子の具体的な構造・機能に関してご存知でしょうか?本講義では皮膚の構造・機能に関して詳細に解説し、これらの分子と食との関連、最近の知見に関して詳細に説明します。講義後には、実際に水分を含んだヒアルロン酸や顕微鏡で皮膚の構造を分子レベル・細胞レベルで観察してみてください。

カレッジ講座

園芸活動で注意すべき有毒植物
 

詳細はこちら

開催日:11/17(金) 15:00~16:30

身近な園芸植物にも、食中毒や皮膚炎を引き起こすものがたくさんあり、毎年、健康被害が報告されています。本講座では、有毒な園芸植物の種類と、留意点を解説し、楽しく安全に園芸活動を行うための基礎知識をお話しします。有毒とされる園芸植物を園芸活動の場面からすべて排除するのではなく、人とこれらの植物との適切な関係を築くための講座です。

カレッジ講座

自分で出来る!
腰痛の改善・予防の為のセルフメンテナンス

詳細はこちら

開催日:1/25(土)、12/ 9(土)、12/16(土) 10:00~11:30

本講座は、日本オリンピック委員会専任トレーナーが専門指導を行う全3回のプログラムです。アスリートは日々蓄積する疲労を除去する為に、自分でカラダを整える方法を知っています。それは偏った使い方をしたカラダを「人本来のバランスのとれたカラダ」へ戻すことを目的としており、本講座では腰痛の改善・予防に特化した内容で学ぶことができます。ぜひこの機会に自分で自分のカラダを整える方法を身につけてみませんか。

カレッジ講座

希少糖含有シロップを使用したスイーツづくり

詳細はこちら

開催日:12/9(土) 13:00~16:00

世界の研究者が注目し、甘い糖でありながら健康に寄与する“夢の糖”といわれている「希少糖」。希少糖とは、自然界での存在量が少ない単糖や糖アルコールのことを指し、50種類以上あります。そんな希少糖についての分かり易い講座と希少糖を含んだシロップを使ったお菓子(マドレーヌとカムカムゼリー)作り&試食を行います。砂糖を使ったお菓子も作り、希少糖との味の違いも体感していただきます。

カレッジ講座

動物介在療法を学ぶ
~ホースセラピーの効果について理解する~

詳細はこちら

開催日:12/9(土) 10:00~15:00

ホースセラピープログラムの効果について理解を深めます。座学では、対象となる人の評価方法やプログラム作成の視点について学びます。実習では、騎乗とサポートをお互いに経験し適切な支援方法について学びます。(少雨の場合、雨具を着用の上屋外で実施いたします。荒天時は内容を座学等に変更いたします。)

カレッジ講座

モンゴル遊牧民と過ごした日々

詳細はこちら

開催日:1/25(木) 15:00~16:30

本講座は、1995年から2016年まで、担当講師がモンゴル国ウブルハンガイ県ブルト地区およびボルガン県アルシャンツ地区の遊牧民を訪ね、延べ150日間にわたる遊牧調査をもとにした記録です。講座では、モンゴル遊牧民のもとで過ごした衣・食・住生活をはじめ、羊・山羊の放牧行動や草原で出会った動植物について紹介。また、約20年間のモンゴル国の移り変わりを写真やビデオ、資料をもとに講演します。

子どもチャレンジ講座

触れて体感!4億年、進化の旅!

詳細はこちら

開催日:2/17(土) 14:30~16:15

地球に生命が生まれてから40億年。
生き物は様々な環境で生き抜くために進化をしてきました。そのため、最も外側で体を守る皮フも多様な変化をしています。ヌルヌル!ザラザラ!フワフワ!なぜ?どうして?魚類・両生類・ハ虫類・鳥類・ホ乳類とセキツイ動物(背骨のある動物)の皮フを中心に、実際に触れて、4億年の進化の過程を体感しましょう!お土産もありますのでお楽しみに!

その他の東京農業大学公開講座はこちら 世田谷キャンパス 厚木キャンパス オホーツクキャンパス グリーンアカデミー


↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.