検索:

トップ > 「丸善」創業150周年記念連続講演会


ロゴ ロゴ ロゴ

「丸善」創業150周年記念連続講演会

知を鐙(とも)す11のまなび

1869年に早矢仕有的が創業した「丸善」は、おかげさまで、2019年1月に150周年を迎えました。これを記念し、このたび、丸善雄松堂は、これまで支えてくださった皆さまへの感謝の気持ちを込め、連続講演会を開催いたします。当講演会では、「人はなぜ、まなぶのか」をテーマとし、様々な分野の研究のトップランナー11名を講師にお招きし、人生100年時代を生きるまなびについてご講演いただきます。いつの時代も「知」に寄り添い、人の心と、その道程の先に知を鐙(とも)すことをミッションとする当社がお届けする、「11のまなび」をご堪能ください。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

これから開催する講演会

ヒトはなぜ文明を築けるのか?
ヒトの進化史とその未来

講演会申込

開催日:
2019年4月25日(木)
時間:
18:30~20:00
場所:
日比谷図書文化館 大ホール
参加費:
無料
講師:
長谷川 眞理子氏(総合研究大学院大学長)
内容:
「これは何だろう?」という好奇心は、ヒト以外の動物にも広く認められる。世界を知り、安全に生きていくためには、好奇心は必須であるに違いない。しかし、ヒトはそこにとどまらず、因果関係を推論し、自分自身の行為が周囲を変える原因になるということを知っている。また、互いの思いや考えを共有することができる。この能力が、人類に大規模な協力を進化させ、文明を可能にしてきた。その道筋について、そして文明の将来について考えてみたい。

国語教育と文学の現在(いま)

講演会申込

開催日:
2019年5月17日(金)
時間:
18:30~20:30
場所:
日比谷図書文化館 大ホール
参加費:
無料
講師:
紅野 謙介(日本大学文理学部教授・学部長)
内容:
かつて「国語」の授業でいろいろな詩歌や小説に出会う時代があった。あるいは評論を読むことを通して世界について考え、思索する言葉を学んだ。「読む」ことを通して世界をひろげ、共感能力を高めることで、さまざまな言葉に触れ、自分の言葉も紡がれていく。もちろん、それだけでもいけないが、いま「国語」教育に訪れている危機と、現在、求められている「ことばと文学」の可能性について考える。

お問い合わせ

丸善雄松堂株式会社「150周年記念連続講演会」事務局

E-mail:
manabi11@maruzen.co.jp

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.