トップ > 自由学園明日館 オススメ講座


東京に唯一残るフランク・ロイド・ライトの作品 重要文化財「自由学園 明日館」で学ぶ

本物に触れ、本質を知る

情報を得ることと学ぶことは違います。知識の習得は手段にすぎない。学ぶとは、秘められた本質と対峙して、自らを育てていくこと。自由学園明日館は95年前、近代建築の巨匠が建てた学校建築。都心とは思えない静かな佇まい。多彩な講座で、本物に触れようとする方をお待ちします。

自由学園明日館の講座一覧へ

※開講後にお申し込みいただける講座もありますのでお問い合わせください。

新規講座

●6月3日開講叡智 さあ、哲学を始めよう ―大転換の時代を生きる

開講日

6/3、7/8、8/5(土)

時間

16:00~18:00 全3回

講師

岡本裕一朗(玉川大学教授)

受講料

11,160円

講座紹介

かつて人類は中世に行き詰まりルネサンスを経て近代へ。今同様に、資本主義、科学技術、工業生産…近代の枠組みが破綻を見せてきました。混迷の時代を受け止め、礎となる近代思想を省察しなければなりません。そこで重要なことが哲学。人類が築いてきた叡智を受け止め、我々自身がもがきながらこの時代を生きる「哲学する」という道です。

●5月18日開講叡智 生命科学の基礎知識 ―ゲノム・遺伝子からみる生物の進化

開講日

5/18、6/15、7/20、8/31(木)

時間

19:00~20:30 全4回

講師

岡部正隆(東京慈恵会医科大学 解剖学講座教授)

受講料

11,160円

講座紹介

生命科学は20世紀半ばから急激に発展し、次々と「生命の不思議」を解明してきています。例えば、魚が陸上生活をする動物にどのように進化したか。未知の生物は存在したか。化石からは分からなかった生命の仕組みを、人間に身近な“肺”と“エラ”を題材に解説します。生命とは何であるかを示唆する一つになるはずです。

●4月27日開講叡智 野鳥観察への招待 ―野鳥を知り、自然を知ろう

開講日

4/27、5/25、6/22、7/27、8/24、9/28(木)

時間

10:30~12:30 全6回

講師

安西英明(公益財団法人日本野鳥の会理事・主席研究員)

受講料

22,320円
教材費:『新・山野の鳥』 特別価格600円

講座紹介

現代人が忘れがちだけど大切な事、それは人間もまた“自然の存在である”という事。都会の中でも、野鳥はすぐそばにある「野生」です。その野生から本来の「生きる」を学び、自然の偉大さや地球全体を考えることは、自身の「生活」につながります。よく注意して特徴や声を聞き分け、鳥と親しくなるところから始めましょう。

●6月24日開講叡智 英文法のひみつ ―動詞・助動詞編

開講日

6/24、7/22、9/2(土)

時間

10:30~12:30 全3回

講師

新谷敬人(大妻女子大学文学部准教授)

受講料

11,160円

講座紹介

言語はその国の文化を宿しています。日本語には日本人の考え方、伝え方などがあり、時代と共に単語や使い方が変わっていきます。英語も同じこと。それぞれの国の歴史やプロセス、発想の違いを理解しないと、意味が違ってしまうのです。“訳す”ことが前提だった学生時代の英語教育、それは一旦横においてもう一度“英語の発想”で英語に取り組みます。

●5月11日開講叡智 アリソン・アトリーの生涯と作品 ―英国ファンタジーの花

開講日

5/11、6/8、7/13、8/3、9/14(木)

時間

13:30~15:30 全5回

講師

中野節子(英国児童文学研究者、 翻訳者(英語、ウェールズ語) )

受講料

18,600円

講座紹介

世紀末に生まれ、二度の世界大戦を生き抜いたアリソン・アトリー。過酷な人生とは裏腹に、想像の翼を用いて伝承の世界へもぐりこみ、この上なく美しい物語を生み出しました。これこそ英国ファンタジーの秀作です。原文(英語)を短く取り上げて文学性をつかみながら、魅惑の世界を堪能します。

●5月13日開講建築・デザイン 椅子からみる暮らしのデザイン ―物との付き合い方

開講日

5/13、6/10、7/1、8/5(土)

時間

13:30~15:30 全4回

講師

島崎信(武蔵野美術大学名誉教授)

受講料

14,880円

講座紹介

たとえば建築家ではない私たちが、自分の思い・生き方・ふるまい方を一番設計できるのは、インテリアにおける家具を始めとした身近な物なのではないでしょうか。まずは長い時間をともに過ごす“椅子”に込められた思いや歴史を学びます。そこから身の回りのもの全てがデザインだと分かったとき、あなたの生活はどう変わりますか?

こちらもおすすめ

●4月21日開講叡智 イギリス・ルネサンス詩のこころ ―小作品から『失楽園』まで

開講日

4/21、5/19、6/16、7/21、9/15(金)

時間

10:30~12:30 全5回

講師

佐野弘子(青山学院大学名誉教授)

受講料

18,600円

講座紹介

英国ルネサンス期には、花や草に人生を重ねた詩が多く詠まれました。儚い花の盛りを楽しめと詠う「カルペ・ディエム詩」、神の国に咲く花の永遠性を信じる宗教詩、いずれも詩人の美意識が溢れます。韻律やイメージを重視し、短詩・ソネットから叙事詩の最高峰ミルトンの『失楽園』まで、ルネサンス詩のこころに親しみます。

●4月26日開講キリスト教 日本近代キリスト教史 ―戦後日本とキリスト教会―

開講日

4/26、5/31、6/28、7/19、8/30、9/27(水)

時間

14:00~15:30 全6回

講師

鈴木正和(牧師 元自由学園教師)

受講料

16,740円

講座紹介

敗戦と共に“日本”と“日本のキリスト教会”は新たな歩みを始めました。それは予想し計画したものではない歩みでした。戦後の復興、高度成長期を通り、昭和から平成になり、社会とキリスト教会が成熟期を迎えたとも言えます。我々が今どこに立ちどこに向かっているのか、これまで歩んできた道から学びつつ将来を展望します。

●5月30日開講建築・デザイン ル・コルビュジエの窓 ―美しき近代建築

開講日

5/30、6/27、8/1、9/26(火)

時間

19:00~20:30 全4回

講師

林美佐(大成建設ギャルリー・タイセイ学芸員 国立西洋美術館客員研究員)

受講料

11,160円

講座紹介

世界遺産・国立西洋美術館を設計した建築家かつ画家の、ル・コルビュジエは現代に及ぶ建築の方向を定めたと言って良いでしょう。改革を起こした作品の中で彼の窓は採光、換気、景観の取り込みなど快適な生活を支える装置であると同時に、美意識と精神性を反映させる存在でもありました。窓を通して建築思想にせまります。

●4月27日開講芸術・文化 書道の時間 ―心を伝えるよい字を書こう

開講日

4/27、5/18、6/15、7/20、8/24、9/21(木)

時間

13:30~15:30 全6回

講師

平井澄圓(書道家 書道師範 圓心書道教室主宰)

受講料

22,320円
紙、墨液、資料代(6回分)2,400円(と一括払い込み)
法帖 中国法書選31『九成宮醴泉銘 唐 欧陽詢』二玄社 1,728円(税込)

講座紹介

書き手の人柄や思いが伝わる“手書き文字”。漢字の基礎となる古典臨書を繰り返していくと、文字が持つ役目の奥深さを感じ、自分の字が育ち【ルビ;・・】ます。筆に慣れていなくても大丈夫!字を書くこと、真剣に向き合う静かな時間を作ること、それらが自己を表現する一助になると実感したとき、改めて人に何を伝えますか?

●4月20日開講芸術・文化 オカリナっていいね! ―ベーシックー

開講日

4/20、5/18、6/1、6/15、6/29、7/6、7/20、8/3、8/31、9/21(木)

時間

10:30~12:00 全10回

講師

オカリナDuoうららNao(監修)、小棚木恵美子(オカリナ奏者)

受講料

24,600円

講座紹介

年齢や経験に関係なく“やってみよう!”と思ったときに、やさしく無理なくはじめられる楽器オカリナ。恥ずかしがらずに少しずつ。四苦八苦しながら指で押さえて息を吹き込み、わー♪音が出た!なんとか一曲吹けたら、今度は音の響きを意識して…皆でハーモニーを完成させて…ワクワクする!奥が深い!やっぱり、オカリナっていいね!

●4月14日開講芸術・文化 銅版画で描く ―素材の妙、技法の妙

開講日

4/14、5/12、6/2、7/7、7/28、8/25、9/15(金)

時間

18:30~20:30 全7回

講師

今井庸介(銅版画家 武蔵野美術大学造形学部非常勤講師)

受講料

24,360円
ニードル2,060円(新規受講者のみ・初回に徴収)
銅版、腐食液、紙、インクなどの実費を最終日に徴収させていただきます。

講座紹介

絵を描くのは苦手・・・でも大丈夫!銅というその素材と銅版画ならではの多彩な技法は、思いもよらない表情をみせてくれます。彫った線がそのまま刷られるシンプルな技法を楽しむもよし。腐食過程で起こる意外な偶然との出会いもあり。より魅力ある作品に仕上げていけるよう、的確かつ丁寧なアドバイスも魅力です。

●5月27日開講芸術・文化 Papirklip ―パピアクリップ ―直線が魅せるアート

開講日

5/27、6/24、7/15(土)

時間

16:00~18:00 全3回

講師

吉浦亮子(ペーパー・カッティング・アートブランド「Papirklip」主宰 )

受講料

9,720円
新規受講者:デザインナイフ、カッターマット2000円【と一括払込】
全員:各回500円程度(紙、糸、ビーズなど)【教室内販売】

講座紹介

スパイシーな雰囲気のデザインが特徴の切り紙細工。日々見かけるあらゆるもの(花・雪・動物・・・)がモチーフとなり、生活に安らぎと彩を与えてくれます。 一筋一切の繊細な手仕事を繰り返す時間も大切に、紙にその姿を生み出していきましょう。新刊「昆虫模様切り紙」から“ちょっとリアルな、だけど味のある昆虫”も登場!

●4月15日開講生活・健康 親子体操! ―1~2歳クラス(春コース)

開講日

4/15、4/22、5/13、5/20、6/3、6/10(土)

時間

10:00~10:50 全6回

講師

大塚華子(日本体育協会公認スポーツ指導者体操指導員)

受講料

7,200円
レクリエーション保険含む

講座紹介

“体操”は自分の体を良く知る術です。例えば腕を横にピンと伸ばし胸を張って立つとき、伸ばすという意識をともなってできるかどうか。自分でできるようになる前に、親が子の両腕に手を添えて左右に引っ張り“伸ばす”という感覚を体にしみこませていきます。ひとつひとつ確実に、一生付き合う自分の体を鍛えましょう。

どの季節、どんな天候の日でも、環境との美しい調和を見せる明日館。ドラマなど撮影の舞台になることもしばしば。
「建築が教育する」と言ったライト由来の言葉通り、この建物を教室にして学ぶ体験は、唯一無二のすばらしさです。

明日館

自由学園明日館の講座一覧へ


↑ページの先頭へ


Copyright 2009 Second Academy CO.,LTD All rights reserved.