講座検索:

トップ > 中央大学ビジネススクール ビジネス英語スパイラルアップコース

資料請求リスト


その他の中央大学ビジネススクールはこちらすべての講座を見る

相手を味方につける!英語の敬語 x ロジカルスピーキング

プログラム概要

【定員30名 受講料32,000円】

本講座は、中級者向けビジネス英語のコースです。ビジネスで英語を使う時、文法的には正しいのに、相手に意図やニュアンスが十分伝わらないことがよくあります。主な理由として、英語らしいロジカルな話の組み立てができていなかったり、相手や状況に応じた丁寧な言葉遣いができていないことがあります。目的に応じた効果的な伝え方のロジック、敬語表現をマスターし、相手を味方につける英語コミュニケーションをとれるようになりましょう!

資料請求はこちらお申込みはこちら

【会場】 中央大学後楽園キャンパス3号館

カリキュラム

開講日時 テーマ 内容
1 3/11(土)
10:00~12:30
オリエンテーション
ビジネス英語の2大原則  相手を味方につける「依頼」
ビジネス英語の2大原則として、「会話の目的に応じた伝え方のロジック」と、英語で「丁寧度」をコントロールする指標を押さえます。
相手を味方につける効果的な「依頼」のしかたを学びます。
様々な依頼のケースを、ロールプレーで練習します。
2 3/18(土)
10:00~12:30
効果的な「提案」
角を立てずに「断る」
人に助言したり、組織に提言をしたりとビジネス上の「提案」にもさまざまな形があります。効果的に提案を受け入れてもらう方法を学びます。
「断る」というネガティブな行為を苦手に感じる人は多いですが、相手にマイナスの印象を与えることなく、誠実さの伝わる断り方を身につければ大丈夫!ビジネスのコミュニケーションを円滑に進める断り方を練習しましょう。
2 3/25(土)
10:00~12:30
建設的な「反対」
相手を動かす「苦情」
相手と状況に応じた「反対」の方法を学びます。相手の面子を保ちながら、建設的に反対する方法を学びましょう。
日常生活でも相手に「苦情」をいう時には気を使うものです。ビジネスにおいては、なおさら注意する必要があります。相手が納得して改善へと向かうような苦情の仕方をマスターしましょう。

受講をおすすめしたい方

英語らしい伝え方のロジックを学び、様々なビジネスシーンで通用する英会話力を身につけたい方/英語でも敬語を使えるようになりたい方/受講者レベル目安:TOEIC700点以上

講師プロフィール

愛場 吉子

ビジネス英語研修 Q-Leap Inc. 取締役・主任講師 / 中央大学ビジネススクール兼任講師
■略歴:コロンビア大学大学院にてTESOL(英語教授法)修士号取得。アルクの企業研修英語講師、スピーキングテストの試験官、評価官を経て、2011年よりCalvin Klein ニューヨーク本社のライセンスビジネス事業部にて勤務。2014年春に帰国、ビジネス英語研修の会社、Q-Leap株式会社を共同設立。http://q-leap.co.jp/
ビジネス経験と英語教授のスキルを活かし、企業のエグゼクティブ、ビジネスパーソン向け英語指導に従事。 中央大学ビジネススクール兼任講師。TOEIC(R) (LR) 990点満点を保有。
■専門分野: ビジネス英語、リスニング、スピーキング指導
■主な著書: 「英語のプレゼン直前5日間の技術」(アルク)「必ず相手を味方につける英会話のロジック」(アルク)

資料請求はこちらお申込みはこちら

その他の中央大学ビジネススクールはこちらすべての講座を見る

問合せ先

中央大学ビジネススクール戦略経営アカデミー 事務局

〒112-8551 東京都文京区春日1-13-27

TEL: 03-3817-7485 FAX:03-3817-7444 E-mail: ac-info@tamajs.chuo-u.ac.jp



↑ページの先頭へ


Copyright 2009 Second Academy CO.,LTD All rights reserved.