講座検索:

トップ > 中央大学ビジネススクール MBAエッセンス講座

資料請求リスト


その他の中央大学ビジネススクールはこちらすべての講座を見る

【最新トレンド講座】CSRブランディング入門

プログラム概要

【定員30名 受講料32,000円】

CSR(Corporate Social Responsibility)は、ここ数年で格段の進化を遂げ、「ビジネスと社会課題解決を両立させる経営戦略」として、企業経営の中核に位置付けられています。従来の「社会貢献活動」や「リスク対応型CSR」から、「価値共創型CSR」へ、さらには、コーポレートブランドや企業価値向上につながる「CSRブランディング」という、戦略的なステージにまで広がりつつあります。本講座では、「社会課題解決」と事業活動を融合させ、“自社らしさ”を発揮して競争優位を創り出す戦略メソッド「CSRブランディング」の考え方や実践手法を学びます。「時代を味方につけ、次代にも輝き続ける企業」であるための経営戦略の策定に役立ちます。短期間で、先進の「CSR経営」や「CSRブランディング」の要諦を学び、ブランド力・企業価値向上に戦略的に活用したい方々へお薦めします。本講座の担当講師は、CSR・ブランディング・コミュニケーション分野において、豊富な経験を持ち、講演・研修講師・アドバイザーとしても活躍しており、理論や実践手法をわかりやすく解き明かします。

資料請求はこちらお申込みはこちら

【会場】 中央大学後楽園キャンパス3号館

カリキュラム

開講日時 テーマ 内 容
1 11/30 (水)
19:00~21:30
「CSR」超入門と体系的理解
• そもそも、CSRとは何か
• CSRの系譜と変遷
• ココだけははずせない「会社法」の要点
• コーポレートガバナンス・コード
• 日本版スチュワードシップ・コード
ビジネスと社会課題解決を両立するアプローチに向け、「そもそも、CSRとは何か」をあらためて本質的・体系的に理解します。CSRは‘応用問題’であり、現代社会の要請や期待に戦略的に対処する視座を共有します。 現代ビジネスパーソンの必携知識としての「会社法」の重要ポイントを概説した上で、昨今ますます関心が高まる「コーポレートガバナンス・コード」及び「日本版スチュワードシップ・コード」の目的や意義を解説し、「攻めのガバナンス」について理解を深めます。
非財務情報(ESG)が、どのように中長期の企業価値向上に資するのか、わかりやすく解説します。
※ESG … Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治:ガバナンス)
2 12/7 (水)
19:00~21:30
CSRブランディング
• 先進のCSR
• CSVとマーケティング3.0
• CSRとブランドとのつながり
• CSRブランディングとは
進化(深化)しつづけるCSRは、企業の持続的成長の鍵を握り、「時代を味方につける経営戦略」の根幹となります。 ‘先進のCSR’とマーケティング・ブランディングとの親和性を理解した上で、マイケル・ポーターの「CSV (Creating Shared Value) 」とフィリップ・コトラーの「マーケティング3.0」の理論を考察します。「社会課題解決」と事業活動を両立させ、さらには「ブランディング」とのつながりを踏まえながら、「CSRブランディング」へと展開する文脈と意義を解説します。脈々と培ってきた経営に、今の時代の3つのキードライバー(「事業戦略」「CSR(時代の要請・期待)」「自社らしさ」)を注ぎ、経営戦略に磨きをかける「CSRブランディング」メソッドの要諦をロジカルに解き明かします。豊富な事例を交えながら、「実践」までの導線をわかりやすく学習します。
3 12/14 (水)
19:00~21:30
1. コーポレート・レピュテーションは、持続可能な競争優位
2. 戦略的「社内浸透」術
• 理念、ミッション、ビジョンの重要性
• インターナル・ブランディング
3. 企業価値を高める「CSRブランディング」
前半は、昨今注目される概念で、「(企業の) 評判」と訳される「コーポレート・レピュテーション(Corporate Reputation)」が、持続可能な競争優位であり、企業価値を高める非常に重要な「無形資産」であることを解説します。
後半では、会社の社会的存在意義の表明といえる「経営理念」と、それを従業員と共有することの重要性を理解した上で、‘社内浸透’の戦略的アプローチを学びます。「CSRブランディング」の担い手は従業員です。従業員に対する、理念や価値観、「CSRマインド」等の‘戦略的な社内浸透術’である「インターナル・ブランディング」の意義と効能、そして方法論について、実践事例とともに手厚く解説します。
講座のまとめとして、現代経営の戦略メソッド「CSRブランディング」が、どのようなストーリーで企業価値向上に結びつくのか、財務的視点から、わかりやすく解き明かします。

受講をおすすめしたい方

MBAの本格的な授業を楽しく体験したい方/ 先進のCSRや企業ブランディングを第一線で活躍する講師から学びたい方/多忙な業務時間外に短期間で、戦略的な「CSR経営」の理論や実践手法を学びたい方/経営企画・広報・IR・CSR・法務・総務・人事・マーケティング・ブランドマネジメント部門に所属されている方 / 事業承継にあたり、“時代を味方につけ、次代にも輝き続ける企業”を目指す、次世代経営者の方/現代ビジネスパーソンの‘コモンセンス’として、きちんと「CSR」を体系的、本質的に学びたい方

講師プロフィール

細田 悦弘

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CSR本部 CSR企画推進部 主席、 中央大学大学院 戦略経営研究科 フェロー / 一般社団法人日本能率協会 主任講師
■略歴: 1982年中央大学法学部卒業。同年入社後、営業からマーケティング部門まで経験し、1997年に宣伝部へ配属。宣伝制作を経て、メディアプランニングに従事。2004年よりブランドマネジメントを担当した後、2007年に新設されたCSR推進部長を経て現職に至る。 中央大学ビジネススクール戦略経営アカデミー講師、一般社団法人日本能率協会講師経営品質協議会認定セルフアセッサー、一般社団法人日本能率協会「新しい経営のあり方研究会」メンバー社内外のブランド・CSRのセミナー講師等、実績多数
■専門分野:CSR、ブランディング、コミュニケーション、メディア史
■著書等:「企業ブランディングを実現するCSR」(産業編集センター刊)共著、東洋経済・臨時増刊「CSR特集」(2008.2.20号) 日本能率協会「JMAマネジメント」(2013.10月号)、環境会議「CSRコミュニケーション」(2010年秋号)、東洋経済・就職情報誌「GOTO」(2010年度版)、日経ブランディング(2006年12月号)など

資料請求はこちらお申込みはこちら

その他の中央大学ビジネススクールはこちらすべての講座を見る

問合せ先

中央大学ビジネススクール戦略経営アカデミー 事務局

〒112-8551 東京都文京区春日1-13-27

TEL: 03-3817-7485 FAX:03-3817-7444 E-mail: ac-info@tamajs.chuo-u.ac.jp



↑ページの先頭へ


Copyright 2009 Second Academy CO.,LTD All rights reserved.